スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
36 大奥
 「男女逆転大奥」―――。
母が買ってきた。1冊600円と少々お高いので2巻まで。
ダヴィンチで特集していたので、「よしながふみ」さんの名前だけは知っていた。
でも、まさか、これほどとは……。

将軍は女、大奥にいる者たちはみな男。
「もともとそういう世界だった」設定ではない。
全て辻褄があった説明がある。
本当にこんな時代があったのではないかと錯覚してしまうぐらい、
気付けばこの話の中に入り込んでいた。
今2巻を読み終わって、
すごく胸に何かがつっかえてる感じがする。
なんだろう、言葉にならないこの感情を叫びたい、という感じ。
昨日ね、私、結局逃げたんですよ。「バスケ」から。
何も感じなかった。傷つくことも、幸せを感じることもなかった。
でも、傷つくよりずっといいって思った。
でも今、なんか違うかも、って思う。
「漫画の中の人はこんなに頑張ってるんだから!」とかじゃなくて、
もっと違うところで「戦おう」って叫んでる感じ。
今、胸が締め付けられる感じで苦しい。
この感覚を覚えてさえいられれば、戦える気がする。
明日3巻読めるかな…それを楽しみにしつつ。
さよならー
 21:24 comments(0)
スポンサーサイト
- 21:24 -
COMMENT









思ったことそのまま書いているので、かなりめちゃくちゃな文章だと思いますが、皆さんの本選びの参考になればこれ以上の喜びはありません。
※星評価は間違ってもつけないことにしています。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
メロ
にゃーこ
My Bookshelf
アニメ支援
Mobile
qrcode
Other